プロフィール

プロフィール

柏原育ち、37歳

・ 1984年5月13日生まれ(母の日でした)
・ 平野1丁目→2歳で玉手町へ引越し
・ 玉手小学校、玉手中学校、府立高津高校、京都大学経済学部 卒業

民間と公共の双方の経験

・ 民営化により公共サービスがどう変化するのか(内部の意思決定やサービスレベル等)に興味を持ち、
  2009年、郵政民営化2期生として日本郵政株式会社(千代田区霞ケ関)に入社。
・ 子会社である日本郵政スタッフ株式会社に出向、携われる業務の幅広さに成長意欲を刺激され転職。
・ 2017年、地元の柏原市議会議員選挙に挑戦するため、会社員を退職(25票差惜敗)。
・ 純粋な民間セクターかつ異業種において自身の能力や経験が生かせるどうかを試したいと考え、
  2018年、Supershipホールディングス株式会社(港区虎ノ門)に入社。
  2021年現在も、同社においてITベンチャー企業グループの人事として勤務中。
  ※現在リモートワーク中

会社員として経験したこと

・ 主に人事労務分野における制度の設計・運用(就業規則および等級・給与・評価の各制度など)
・ 働き方改革のための既存制度の再設計(同一労働同一賃金・勤務時間・安全衛生・ダイバーシティ)
・ 人事システムの導入・運用・改修(制度の設計から業務プロセスの見直しまでを一気通貫)
・ М&Aにおける人事労務分野の調査・検討(人事DD)、組織・人事制度の統合(人事PMI)
・ 新型コロナウイルス感染症への対応(情報収集・感染防止対策・感染時対応・人事制度見直し等)
・ 小規模組織のマネジメント(課長級)、等々

興味関心の強いキーワード

・ 自己決定
  → 個人も自治体も、自己決定が可能な幅を広げることがそれぞれの幸福に繋がると考えるため
・ 情報公開
  →自己決定に不可欠なものであるとともに、公正さを事後的に検証するために必要なものだから
・ 多様性・共生
  →お互いのちがいを受け入れる社会が、自己決定できる個人を育て助けると考えるため
・ 公正さ
  →郵政事業(ユニバーサルサービス)の経験、他人を縛る「ルール」を作るという仕事の経験から
・ 労働問題・格差・貧困
  →10年以上の企業人事経験、また父の過労自死により母子家庭として育った経験による

柏原市のために生かしたいもの

・ 現状から課題を抽出する能力
・ 課題解決のためにデータを収集し、調査・分析する能力
・ 分析結果から対応の方向性を定め、持続可能な制度(政策)として作りあげる能力
・ 柏原(大阪)だけでなく、京都、札幌、東京と各地に居住した経験から、
  他の自治体と比較しつつ、冷静な目で地元を見ることができること